ホワイトboox.png

2015年05月21日

新登場 | フィッシュアイオリジナルリップスティック| ROSE

studiofishi_lipstick.gif



RO3A1225-rosemap.jpg


RO3A1135.Rosa damascena.jpg

バラ好きにはたまらないリップステッィクの誕生です。この世の多くの女性たちは「バラ天然100%!」とうたっていても、ほんとうにごまかず化粧品や香水に使われていることは信じられないぐらい稀。ということを暗黙の了解で彼女たちの鼻がずっとずーっと昔から知っている。おそらく。歴史上これほど世界中の多くの女性を魅了し心身に対するその働きはトップレベルだというのに!! 
クレオパトラ、マリーアントワネット、キャンディーキャンディー(?)が愛したROSE。まだ香水がないローマ時代、貴族たちは催し物があるたびバラのシャワー(吹雪)、絨毯に歓喜し、その香りに夢中になったとか。そんな魅惑のローズを混じりっけなしで今回スタジオフィッシュアイはLIP STICKという形でご提案することになりました。品種は泣く子も黙るダマスクローズ。写真はもちろんYOSHIRO HIGAIです。

バラの香りは悲しみをとりのぞき、気分を高めてくれます。肌に対しては細胞再生能力を活発にすることで定評があります。こちらのオリジナルリップスティックはくちびる以外に手首や踝に塗ったりと、ローマ時代人気だった練香としてもお楽しみいただけます。大事なひとへプレゼントしたりご自分へのご褒美にぜひどうぞ。



FISH I | LIP STICK-03(ROSE)
品番 :03 品名:ROSE
香り:天然ダマスクローズ100%
学名:Rosa damascena
固さ:夏対応バージョン


<主成分>
植物性オイル(コールドプレス)/オーガニック
蜜蝋 *ビーワックス / 無精製ワイルド
シアバター(別名カリテ)
天然ダマスクローズ/オーガニック
*保存材不使用、すべて天然素材
サイズ φ15×67mm

1本 1500YEN(tax+120)

cart.K-70572.gif
樋貝吉郎 公式オンラインストア


コラム

スタジオフィッシュアイのリップクリームが出来るまで

posted by 🐼スタッフ📝 at 00:54 | オリジナルリップステック | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

フィッシュアイオリジナル|リップスティック(天然100%)発売のお知らせ

ニセコライフで生まれた旧ハッピーハーブ 現リトルアロマックスの体験をLIP STICKという形で復活することになりました。これまで樋貝のスノーボードライフを30年ちかくアロマサポートしてきたMIKIとの初のコラボです。今回のリップスィックは調合の割合を何度も試作して現在の内容成分に落ち着いたようです。アラスカをはじめ、カザフスタン、モンゴル、インド、南米などで数々のアロマ&ハーブでケアマイセルフを体験。旅先でも気軽に携帯できるよう作られた、さまざまな植物性薬効油溶成分、ハーブをカメラ機材や寝袋と共にザックに入れ、肉体をベストな状態にキープしてきました。
時には失敗もありました。雪山での日焼けは体力を低下させることが知られていますが、ラベンダーとユーカリを取り間違え、顔中ヒリヒリ。逆にひどくなったり。こんなこともありました。むかし行ったアラスカの旅先で檜と柑橘類が入った消臭用スプレーを、釣りのガイドさん(アラスカ在住)にあげました。彼は骨折中でギブスの中のニオイとかゆみで困っていたのです。洗濯のハンガーを伸ばしてしょっちゅう掻いていました。それが、さっきの消臭スプレーをしたところ、痒みがピタッととまったのです。とても喜ばれました。スプレーは痒み止めを目的に作った訳ではなかったようですが、これは植物ならではの多様性のようです。しかし植物といえども、万能ではありません。程よい距離を保ちながらセルフケアできるといいですよね。リップスティック、オススメですよ。
(AKに出発前の樋貝吉郎より)


lipstick.alaska20150324.all.jpg
こちらはALASKA氷河キャンプチーム用に作ったものです。フィッシュアイでは、左側の結晶と右から2番目の黒バックの結晶の2タイプを販売いたします。



lipstick.alaska20150324.結晶.jpg黒バックの結晶ズーム

アラスカ用のリップクリームは、氷点下の中でスムースに塗れるようフィッシュアイで販売するものよりかなり柔らかめです。*ナチュラルショップで売ってる蜜蝋が入っているタイプは夏は溶けやすく、*冬場など寒いところでは固く塗りづらかったりするんです。なのでフィッシュアイでは、大まかに冬用、夏用バージョンでお届けしたいと思います。この機会に塗り心地の良さ、すぐれた保護力をぜひ体験してみてくださいお値段は若干高めですが、何度もクルンクルン塗らなくてもいいのがクオリティーの違いです。オススメですよ! 
*実際に販売するものにはAK2015の文字は印刷されません。




studiofishi_lipstick02_moji_RO3A1139.jpg
オンラインショップへ見に行く

studiofishi_lipstick01_mozi_RO3A1141.jpg
オンラインショップへ見に行く

主成分
植物性オイル(コールドプレス)/オーガニック
蜜蝋 *ビーワックス / 無精製ワイルド
シアバター(別名カリテ)
植物性の天然の香り *ミント&乳香の精油/無農薬
*保存材不使用、すべて天然素材


価格 \ 1,296

補足
*ナチュラルショップで売ってる蜜蝋が入っているタイプは夏は溶けやすく、*冬場など寒いところでは固く塗りづらかったりするんです。
と上に書きましたが、この短い文のままですと語弊があるので少し補足させて頂きます
→夏場溶けやすく、といってもドロドロ溶けてしまう訳ではなく、暑い場所やお尻(←ぬる温かいですよね)のポケットの中に長時間おいておくと、くちびるに塗るときにモノによっては、グニャンとスティックが折れてしまうことがあります。手作りのモノもしかり。そうならないように固める器材もあるんですが、そういったものはそれだけ天然素材重視ということなのでしょう。また、寒さで塗りづらいというのは、これはホホバオイルと蜜蠟をメインに使ったリップスティックのことを差しています。ホホバオイルの特徴でもある、5℃ぐらいから凝固しはじめ10℃前後で完全に固るためです。そこに蜜蠟という天然のコンクリート(蜂のお家の建材)。こちらは6o度ぐらから固まっていきます。要素としてはどちらもすばらしい成分なのですが、スキー場など寒いところで使うには、経験的に向かないことがわかっています。比率を変えて何度か試しましたがクリームが滑らかに伸びず、くちびるがスティックでひきつって(持っていかれて)しまいます。そこでフィッシュアイのオリジナルLIP STICKでは、冬場でも滑らに塗れるようサバンナ製のシアバターを適量配合。これにより、滑らかな塗り心地と保湿性
を手に入れました。


posted by 🐼スタッフ📝 at 14:00 | オリジナルリップステック | 更新情報をチェックする
今、一番読まれている人気の記事|The most popular article right now!!
    屋号:studio fish i (スタジオフィッシュアイ)
    代表:樋貝吉郎
    職業:Photographer
    子供の頃の夢&スキな漫画:忍者。カムイ伝
    好きな食べ物:ナッツ全般、リンゴ、干しいも、干し柿、鰻、河童巻き
    尊敬する人:子供のとき伝記を読んだ影響で エジソン

    みなさんこんにちは! こちらのブログはYOSHIRO HIGAIプロダクト スタジオフィッシュアイが発信しています。 担当のパンダです。2009年からやらせていただいています。先日いきなりブログが閉鎖いたしまして、狼狽いたしました。慌ててブログの会社に問い合わせしましたら、親切に教えていただき、あっさり自分のうっかりミスということが判明いたしまして。辛うじてなんとか再度こうしてアップできた次第でございます。(汗だらー)ブログを書いている最中も、つい雪のうえを転がりたくなるマイペースなわたくし担当のパンダではありますが、今後ともスタジオフィッシュアイ共々よろしくお願い申しあげます。アッ それから、TURN vol.5ご購入くださった全国のみなさま。スタジオフィッシュアイ宛にハガキを送ってください。すてきなプレゼントが当たるスペシャル企画やってます詳しくはこちら。締め切りは11月30日となっています。お忘れなく〜!!

    「きょう、樋貝さんは親睦会なるものに、バッグにカメラとTURNをギュウギュウ詰め込んでスケートこいで原宿にいっちゃった。53歳メンズ。まあ猫でいったら270歳ぐらいだけど、檜さんなんて100歳どころか2000、3000歳だっているんだもん。木の年齢でいったら樋貝吉郎さんもまだまだ若手ってこと。だから帰りに大橋さんとこの塩豆大福 頭に乗っけて帰ってきておくれ。あ、鰹節もね!」( by グーフィー猫)最後のとこは猫TEXTなので愛嬌ってことで。