ホワイトboox.png

2015年02月28日

Sticker NO6 | SMA

板.jpg


Sticker_NO6-SAM_20141221.jpg
樋貝コレクション 6枚目のステッカー


去年の暮れステッカーだけアップしていましたが、
樋貝によるステッカーコラムアップしました〜!
       


SMA   Santa Monica Airlines サンタモニカ・エアライン

初めてその存在を知ったのは多分スラッシャーの広告だった。1985年頃、1/4ページくらいのスポット。おなじみの飛行機のグラフィックだった。サンタモニカといえば小学生の頃に流行った「来てー来てーサンタモニカメロディ」って歌と表参道の古着屋が浮かぶくらいだった。

翌夏86年初めての海外旅行。西海岸一人旅で、そのSanta Monicaにいた。友達の友達の友達の紹介でNatas Kaupasの写真を撮った。ポツポツとメディアに出始めていたオーリーキング。彼もまだ、高校を卒業したばかりくらいだから、日本から来たカメラ小僧の前で持っている技を惜しまず披露してくれた。サンタモニカって街は高級なんだけど隣がベニスなのでどこか濃いものが滲み出ている。既にドックタウンは日本でブレイクしてたから、自分はこっちかなとanta Monica Airlines に傾倒していった。ナタスの板は4枚くらいは乗った。キックが強いセッティングで幅広でコンケーブは弱くノーズが異常に短かった。オーリーとウォールライドを意識したカタチだったのだろう。グラフィックはクリアーの木目に黒豹のイラストだけ、とシンプル(手抜き)。途中からサンタクルーズの傘下になって板が分厚くなってもしばらくは乗ってた。それでもサンタモニカエアラインは微妙にマイナーでアメリカに行く機会があるとジェシー・マルチネスの板やTシャツ買ったりしてちょっと悦…。


90年代に入るとSMAと略すようになっていく頃から興味は他に移っていった。
このデンデン太鼓のようなステッカーはその少し前に誰かから貰ったものだと思う…。

タグ:sticker
posted by 🐼スタッフ📝 at 13:22 | SK8ステッカー | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

Sticker NO6 | SMA ステッカーだけ(コラムは後日)

板.jpg





Sticker_NO6-SAM_20141221.jpg
樋貝コレクション 6枚目のステッカー


本文はおたのしみに!
(近日アップしまーす)

遅くなりましたが2/28アップにしましたー
posted by 🐼スタッフ📝 at 20:50 | SK8ステッカー | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

Sticker NO5|SKULL SKATES

板.jpg



Sticker_NO5_SKULL_SKATES_20141217.jpg
今回のステッカーはSKULL SKATES。



このブランドが、いつからスタートしたのかは正確には分からないが、
THRASHERでは目にしていた。
86年初めての海外旅行アメリカ西海岸で一人旅をした。
ベニスの Circle skateというショップで買ったのが
“Skull Skates Dave Hackett”モデル。日本で目にしたことがなかったし、
手ぶらだったし、英語であれこれやり取りも出来ないので、
デッキテープまで貼ってあるコンプリートのそれを選んだ。
そのままカナダでスケートボードの世界大会があるのでVancouverに行った。
なんとそこは、偶然にも“Skull Skates”発祥の地だった。
エキスポの世界大会に反対行動をとる、
もろパンク不良集団!
ひょんなことからそんな彼らとパーキングロットをぐるぐる滑ることに。
Dave Hackett本人と強面の革ジャン兄さんたち、Skullの板に乗っていたのも
印象がよかったかもしれない。

自分でも驚くくらい転んだ。夜の立体駐車場をグルグルダウンヒルする。一瞬でオーバースピード。コンクリートでそんなに転んでいいのかってくらい吹き飛んだ。危なっかしい外国人の僕を優しく見守ってくれた彼らは見かけとは違うナイスなスケーターたちだった。
それから再びVancouverを訪れたのはスノーボードが目的だった90年のこと、たった数年なのに、街の様相がずいぶん変わった気がした。夏と冬の違いもあったろうが、何よりも自分のなかの興味の対象が変わっていたのだろう。

カナダの友人が“Skull Skates”の創始者Peter Ducommunのショップに連れて行ってくれたことがあった。ちょうどスケートボードのウィールが小さくなっていく頃で、PD氏は自分のショップでビデオを観ながら『スケートビデオはテニスの中継のように退屈になっちまった。』と捨ぜりふを吐いていた…。

そんなことを思い出してしまう“スカルスケート”なのである。

yoshiro higai.
2014.12.17
posted by 🐼スタッフ📝 at 11:12 | SK8ステッカー | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

Sticker NO4 | THE SNOBOARD SHOP

板.jpg




Sticker_NO4_THE_SNOBOAD_SHOP_20141108.jpg
IRON PATCH 

The SNOBOARD SHOP 1980年カナダの Ken Achenbach が、自宅のガレージでオープンさせた世界で初めてのスノーボード専門店。90年ストーミーライダーの小川マサトの紹介で知りあう。黎明期の日本スノーボードシーンとも関係が深かった…。オリジナルプロダクトのグローブはスノーボーダーの憧れで、もちろん自分も青いものを愛用。ケンはBarfootスノーボードのオリジナルメンバーであり、フォトグラファーとしても数多くの専門誌のカバーを飾る腕前を持っている。現在はショップは存在していないが、89年から始めたサマーキャンプCamp of Championsの代表として多くのプロを輩出している。
そんな彼を友達と呼べるのは誇り高い。(YOSHIRO HIGAI)
posted by 🐼スタッフ📝 at 16:38 | SK8ステッカー | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

Sticker NO3 | SIMS

板.jpg



Sticker_NO3_SIMES_20141108.jpg
3枚目は樋貝が初めて乗ったスノーボード!
SIMS 1500FE. MY FIRST BOARD.
こちらのステッカーはもう少し後の時代のもの
だそうです
posted by 🐼スタッフ📝 at 13:35 | SK8ステッカー | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

Sticker NO2 | JIMMY'Z

板.jpg


Sticker_NO2_20141108.jpg
二枚目はJIMMY'Z! 2011年に復活したらしい。
タグ:sticker
posted by 🐼スタッフ📝 at 00:00 | SK8ステッカー | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

Sticker NO1|Christian Hosoi

12/7 撮り直した!!


板.jpg
Stickerはこのうえで撮影していくことにしよう!



540px-KIMG0359.jpg
(再撮)1枚目はChristian Hosoi.





全然うまく、撮れてないぞー!
記念すべき1枚目はChristian Hosoiね!といって樋貝は沖縄に飛び立っていってしまいました。
明日もいちど撮り直します。がんばります!(撮 スタッフ)

前回撮ったもの
    
Sticker_studiofishi_blog1128-2.jpg
posted by 🐼スタッフ📝 at 23:50 | SK8ステッカー | 更新情報をチェックする
今、一番読まれている人気の記事|The most popular article right now!!
    屋号:studio fish i (スタジオフィッシュアイ)
    代表:樋貝吉郎
    職業:Photographer
    子供の頃の夢&スキな漫画:忍者。カムイ伝
    好きな食べ物:ナッツ全般、リンゴ、干しいも、干し柿、鰻、河童巻き
    尊敬する人:子供のとき伝記を読んだ影響で エジソン

    みなさんこんにちは! こちらのブログはYOSHIRO HIGAIプロダクト スタジオフィッシュアイが発信しています。 担当のパンダです。2009年からやらせていただいています。先日いきなりブログが閉鎖いたしまして、狼狽いたしました。慌ててブログの会社に問い合わせしましたら、親切に教えていただき、あっさり自分のうっかりミスということが判明いたしまして。辛うじてなんとか再度こうしてアップできた次第でございます。(汗だらー)ブログを書いている最中も、つい雪のうえを転がりたくなるマイペースなわたくし担当のパンダではありますが、今後ともスタジオフィッシュアイ共々よろしくお願い申しあげます。アッ それから、TURN vol.5ご購入くださった全国のみなさま。スタジオフィッシュアイ宛にハガキを送ってください。すてきなプレゼントが当たるスペシャル企画やってます詳しくはこちら。締め切りは11月30日となっています。お忘れなく〜!!

    「きょう、樋貝さんは親睦会なるものに、バッグにカメラとTURNをギュウギュウ詰め込んでスケートこいで原宿にいっちゃった。53歳メンズ。まあ猫でいったら270歳ぐらいだけど、檜さんなんて100歳どころか2000、3000歳だっているんだもん。木の年齢でいったら樋貝吉郎さんもまだまだ若手ってこと。だから帰りに大橋さんとこの塩豆大福 頭に乗っけて帰ってきておくれ。あ、鰹節もね!」( by グーフィー猫)最後のとこは猫TEXTなので愛嬌ってことで。