ホワイトboox.png

2018年09月29日

改めてスタジオフィッシュアイについて

DSCN8700.JPG
STUDIO FISH I  
   
Studio fish i(スタジオ フィッシュ アイ)。由来は魚眼レンズ(fish eye)の言葉の響きから。時代が進もうと、息を飲んでページをめくるあの感覚。部屋に飾られるさりげない写真。 スケート、スノースケート、ボートカルチー。Nature。魚のような広い視野でレンズ越しに捉えた分子を変容、世に送る。それがYOSHIRO HIGAIの使命。Imagination means nothing without doing.(by Charlie Chaplin)ここはそのお知らせの場。


Address 1-10-11 Mishuku
Setagaya-ku Tokyo Japan 154-0005
phone/fax 81-3-6425-7614
ホワイトboox.png
      contact📩






タグ:Philosophy
posted by 🐼スタッフ📝 at 00:00 | ごあいさつ | 更新情報をチェックする
今、一番読まれている人気の記事|The most popular article right now!!
    屋号:studio fish i (スタジオフィッシュアイ)
    代表:樋貝吉郎
    職業:Photographer
    子供の頃の夢&スキな漫画:忍者。カムイ伝
    好きな食べ物:ナッツ全般、リンゴ、干しいも、干し柿、鰻、河童巻き
    尊敬する人:子供のとき伝記を読んだ影響で エジソン

    みなさんこんにちは! こちらのブログはYOSHIRO HIGAIプロダクト スタジオフィッシュアイが発信しています。 担当のパンダです。2009年からやらせていただいています。ブログを書いている最中も、つい雪のうえを転がりたくなるマイペースなわたくし担当のパンダではありますが、今後ともスタジオフィッシュアイ共々よろしくお願い申しあげます。アッ ちなみにわたくしグーフィーでございます。よーいドンのときもチャリのペダルもスケボーもスノスケ、もちろんスノボも全部右足が前になります。オンラインストアでお買い物する際、グーフィーと書いていただいた方には、もれなくわたくしのサインを同封させていただきたいと思います樋貝に見つかり次第、サインのプレゼントは中止でございます、そこんとこ4649ちゃんゴロゴロロゴ〜。