ホワイトboox.png

2018年06月05日

『LOVE SKATEBOARD JAPAN ― ラブ・スケートボード日本展 ―』2018年6月12日〜26日

LOVE SKATEBOARD JAPAN
ラブ・スケートボード日本展

A5_LOVE_SKATE.jpg
ラブ・スケートボード日本展
世界的な競技に発展したスケートボードディング。
その歴史と共に日本のスケートボードカルチャーも育まれてきました。
日本を代表するスケーター、作家、写真家、アーティストを集め
純粋に"LOVE"スケートボードをキーワードに作品を展示いたします。



日程:2018年6月12日〜26日
場所:トーキョーカルチャートby BEAMS(BEAMS JAPAN4F)

出展者
1.AKI AKIYAMA
2.KATSU AKIYAMA
3.T19
4.OSAKA DAGGERS,Chopper
5.YOSHIRO HIGAI
6.ESOW
7.FESN Takahiro Morita
8.Muraken
9.DISKAH
10.KAMI
11.NAOMI KAZAMA
12.RYUJI KAMIYAM
13.TAKAO NIKURA
14.KIZM
15.BENICOTOY
16.MxMxM
17.CREAM GRAPHICS
18.CORE
19.HYDRO
20.MO3 Ryosuke Kenmochi
21.Bird Creation George Kodama
22.MATSU
23.ysk−q Yusuke Mukaiyama
24.dajac Yukine Matuta
25.PARADOX Hirotton
26.Revel KOMI
27.dig wood works
28.bluth skateboards Sugi
29.KOMJK.M.J.K.&Komi
30.GRAIN-ON SKATEBOARDS Kosuke Yamauchi
31.WOODBRAIN
32.INARI Masahiko Sano
33.WOODENTOY Koji Oba
順不同
@Beams Japan

日程:2018年6月12日(火)〜26日(火)
場所:BEAMS JAPAN 4F(トーキョー カルチャート by ビームス)
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-32-6
TEL:03−5368−7300
営業時間:午前11時〜午後8時 会期中無休

Opening Reception:
会期初日となる6月12日(火)午後6時〜8時にて、オープニングレセプションを開催いたします。


『LOVE SKATEBOARD JAPAN ― ラブ・スケートボード日本展 ―』
詳細 http://www.beams.co.jp/news/974/
A5_LOVE_SKATE.jpg

長岡の友人の協力もあって、面白い新作が出来あがりました。
6月12日のオープニングレセプションと合わせて ぜひ遊びにきてください( by higai)
posted by 🐼スタッフ📝 at 12:59 | 過去のお知らせ | 更新情報をチェックする
今、一番読まれている人気の記事|The most popular article right now!!
    屋号:studio fish i (スタジオフィッシュアイ)
    代表:樋貝吉郎
    職業:Photographer
    子供の頃の夢&スキな漫画:忍者。カムイ伝
    好きな食べ物:ナッツ全般、リンゴ、干しいも、干し柿、鰻、河童巻き
    尊敬する人:子供のとき伝記を読んだ影響で エジソン

    みなさんこんにちは! こちらのブログはYOSHIRO HIGAIプロダクト スタジオフィッシュアイが発信しています。 担当のパンダです。2009年からやらせていただいています。先日いきなりブログが閉鎖いたしまして、狼狽いたしました。慌ててブログの会社に問い合わせしましたら、親切に教えていただき、あっさり自分のうっかりミスということが判明いたしまして。辛うじてなんとか再度こうしてアップできた次第でございます。(汗だらー)ブログを書いている最中も、つい雪のうえを転がりたくなるマイペースなわたくし担当のパンダではありますが、今後ともスタジオフィッシュアイ共々よろしくお願い申しあげます。アッ それから、TURN vol.5ご購入くださった全国のみなさま。スタジオフィッシュアイ宛にハガキを送ってください。すてきなプレゼントが当たるスペシャル企画やってます詳しくはこちら。締め切りは11月30日となっています。お忘れなく〜!!

    「きょう、樋貝さんは親睦会なるものに、バッグにカメラとTURNをギュウギュウ詰め込んでスケートこいで原宿にいっちゃった。53歳メンズ。まあ猫でいったら270歳ぐらいだけど、檜さんなんて100歳どころか2000、3000歳だっているんだもん。木の年齢でいったら樋貝吉郎さんもまだまだ若手ってこと。だから帰りに大橋さんとこの塩豆大福 頭に乗っけて帰ってきておくれ。あ、鰹節もね!」( by グーフィー猫)最後のとこは猫TEXTなので愛嬌ってことで。