ホワイトboox.png

2017年12月10日

写真展と新刊のご案内 | 1994 THE PATH TO GENESIS 2017.12.8(Fri)-12.27 (Wed)

IMG_6498_1994スロープギャラリー.jpg
@北参道のスロープギャラリーにて写真展始まりました!! あいにくの雨の中でしたが、全国各地からレセプションに駆けつけてくださったみなさま、この場を借りて心よりお礼を申し上げます。

1994 THE PATH TO GENESIS | 樋貝吉郎 YOSHIRO HIGAI

写真展
開催期間 2017.12.8(Fri)-12.27 (Wed)

会 場 スロープギャラリー 
〒151-0051 東京都渋谷区 千駄ヶ谷2丁目9−1
Open : Monday – Friday 13:00〜19:00(土日祝日閉館)



本人多忙のため、↑ レセプションの様子を写真集にも登場している沼野 健補さまのface bookをリンクさせていただきましたFACEBOOKやインスタでシェアをしてくださった方々にも感謝申しあげます。



1994_650PX_cover.jpg

TITLE
1994 THE PATH TO GENESIS

発売 2017.12.15(Fri)
ARTIST YOSHIRO HIGAI
PAGE 128pages/4c
スリーブケース付
bueno! books
PRICE 5,200yen (+tax)



駆り立てられる衝動がスケートボードからスノーボードに大きく変移したのは、写真集のタイトル、1994年。まさに無限の地平が目の前に姿を現した瞬間であった。玉井太朗と仲間達によって未知への扉が開いた。写真集に収められた数々のショットは1994年のニセコ、アラスカ、モンゴル、シベリアの1年を皮切りに、谷川岳(1995年)、利尻山(1996年)、1998年GENTEMSTICKのスタートを経て、イタリア(2000年)、人工地形THE WALL(2005年)、白馬…で撮られた2017年までのベストオブベスト。
TEXT YOSHIRO HIGAI




ギャラリーでは写真集の先行販売も!
なお、通常の販売は全国各地15日からとなります。
どうぞよろしくおねがいします。



<<<新刊(1994 THE PATH TO GENESIS)の詳細>>>


●ブエノブックス@BUENO!BOOKS
http://buenobooks.shop.multilingualcart.com/goods.php?goods_id=178
●GENTEM STICK
http://www.gentemstick.com/newsPerma/id_133/
●スタジオフィッシュアイ
http://studiofishi.com/photobook_1994thepathtogenesis-yoshirohigai.html



スタッフ
posted by 🐼スタッフ📝 at 22:29 | イベント | 催し物 | 更新情報をチェックする
今、一番読まれている人気の記事|The most popular article right now!!
    屋号:studio fish i (スタジオフィッシュアイ)
    代表:樋貝吉郎
    職業:Photographer
    子供の頃の夢&スキな漫画:忍者。カムイ伝
    好きな食べ物:ナッツ全般、リンゴ、干しいも、干し柿、鰻、河童巻き
    尊敬する人:子供のとき伝記を読んだ影響で エジソン

    みなさんこんにちは! こちらのブログはYOSHIRO HIGAIプロダクト スタジオフィッシュアイが発信しています。 担当のパンダです。2009年からやらせていただいています。先日いきなりブログが閉鎖いたしまして、狼狽いたしました。慌ててブログの会社に問い合わせしましたら、親切に教えていただき、あっさり自分のうっかりミスということが判明いたしまして。辛うじてなんとか再度こうしてアップできた次第でございます。(汗だらー)ブログを書いている最中も、つい雪のうえを転がりたくなるマイペースなわたくし担当のパンダではありますが、今後ともスタジオフィッシュアイ共々よろしくお願い申しあげます。アッ それから、TURN vol.5ご購入くださった全国のみなさま。スタジオフィッシュアイ宛にハガキを送ってください。すてきなプレゼントが当たるスペシャル企画やってます詳しくはこちら。締め切りは11月30日となっています。お忘れなく〜!!

    「きょう、樋貝さんは親睦会なるものに、バッグにカメラとTURNをギュウギュウ詰め込んでスケートこいで原宿にいっちゃった。53歳メンズ。まあ猫でいったら270歳ぐらいだけど、檜さんなんて100歳どころか2000、3000歳だっているんだもん。木の年齢でいったら樋貝吉郎さんもまだまだ若手ってこと。だから帰りに大橋さんとこの塩豆大福 頭に乗っけて帰ってきておくれ。あ、鰹節もね!」( by グーフィー猫)最後のとこは猫TEXTなので愛嬌ってことで。