ホワイトboox.png

2017年06月04日

It’s your TURN vol.4 只今セレクト中!

NEWプロダクトのご報告です😌

先日face bookでフォローして下さっているみなさまには

一足早くお知らせさせて頂きましましたが、

正式なインフォメーションはまだでした。



  

ピンナップマガジン

新刊「It’s your TURN vol.4」のお知らせ。

以下 樋貝吉郎よりメッセージです!

1997_Scot_Schmidt_ValdeZ_AK.jpg

Scot Schmidt ValdeZ AK 1997  Photo YOSHIRO HIGAI


    

スキーってのは正直どうもね。スノーボーダーの自分には体育の授業みたいな感じもねぇー。と思えば、信じれないくらい軽かったりして…。



    

30年前。スキー場はその名前の通り、僕らはほぼ滑走禁止だった。総合的に判断すれば敵視してもいいくらいの存在であったのだ。

それがどうしたことだろう。アラスカやニセコに通い、その後10年住んだ北海道生活のなかで数々のスキーヤーともセッションを重ねてわかったのは、本当に滑ることが好きな連中というのは、スキーとかテレマークとかスノーボードだとか、ジャンルは関係ないのである。スノーボードよりスキーが速いとか、移動手段として優れているとか議論自体がナンセンスなのだ。それでも客観的にみて、やっぱりスキーは滑りの限界値が高い。これは事実だ。もちろん、それを乗りこなせる技術があればこそ。さてスタジオフィッシュアイのターンシリーズ(It’s your TURN)も今年めでたく4冊目となります。今回は滑りの大先輩でライバルでもある枠を越えた仲間、スキーのターンを選んでいきます。どうぞお楽しみに!!






これまでのIt’s your TURNシリーズはこちらでご確認いただけます。


It’s your TURN vol.1はこちら

It’s your TURN vol.2はこちら

It’s your TURN vol.3はこちら






  

Studio fish i(スタジオ フィッシュ アイ)。由来は魚眼レンズ(fish eye)の言葉の響き。時代が進もうと、息を飲んでページをめくるあの感覚。 スケートボード、スノーボード、ボードカルチャー。魚のような広い視野の目でレンズ越しに捉えた分子を変容、世に送る。ここはそのお知らせの場。Imagination means nothing without doing.(by Charlie Chaplin)



Yoshiro higai&studio fish i Allrights reserved.写真家 樋貝吉郎 PRODUCT オフィシャルブログ
posted by 🐼スタッフ📝 at 07:00 | TURNシリーズ | 更新情報をチェックする
今、一番読まれている人気の記事|The most popular article right now!!
    屋号:studio fish i (スタジオフィッシュアイ)
    代表:樋貝吉郎
    職業:Photographer
    子供の頃の夢&スキな漫画:忍者。カムイ伝
    好きな食べ物:ナッツ全般、リンゴ、干しいも、干し柿、鰻、河童巻き
    尊敬する人:子供のとき伝記を読んだ影響で エジソン




    みなさんこんにちは! こちらのブログはYOSHIRO HIGAIプロダクト スタジオフィッシュアイが発信しています。 担当のパンダです。2009年からやらせていただいています。ブログを書いている最中も、つい雪のうえを転がりたくなるマイペースなわたくし担当のパンダではありますが、今後ともスタジオフィッシュアイ共々よろしくお願い申しあげます