ホワイトboox.png

2015年07月15日

破けたグリーンカーテン復活の巻 “馬鹿猫編” |2015 | フィッシュアイ園芸部-1

スタジオフィッシュアイ 作業が
てんこ盛りです。

でも、こんな夏こそ
グリーンカーテンで夏を乗り切ろう!
と、いうわけで、、、
数年前から始めたグリーンカーテン、
1年ぶりに復活しました。

みどりの日陰
あるのとないのでは、やっぱり
ぜんぜん違いますねー。
しかもグリーンカーテンって
日陰を作るだけじゃないんですね。
大地から根が水分を吸い上げ葉に届けたあと
外に向かって空気中に水分を放出。
それを蒸散作用というらしい。
*人間が暑いと汗をかくのと同じなんだとか

放射冷却ってやつ。


壁が直射日光にもろ曝されると
場所によっては50℃を超えてしまう場合も。
でもグリーンカーテンで
30℃台まで押さえられることも
サーモグラフィーでわかっている。


実はきょねん、グリーンカーテンを
お休みしたんだけれど、みどりのネットだけ
そのまま樋(とい)から垂らしておいたら
ある日、めちゃくちゃたいへんなことが
起きてしまったのだ!!


スタジオフィッシュアイの
看板猫こと広報部長(*魚眼人創刊号参照)に
ときどき会いにくるクロネコが、
誤ってネットにからまってしまい
悶絶しているではないか。

「ウー、ウー、シャー」

急いで救出! と近づいたが、
ウーとシャーの声はさらに激しくなり
自分でやったくせに怒りがこちらにまで
伝わって来る始末。

パニックを起こして
もだえれば もだえるほど
どんどんネットにからまっていく。

間違っても素手で触れる状況ではない。

こういう時は、あれだ!

HESTRAのグローブをつけた
樋貝がハサミをもってシャーシャー言う馬鹿猫を他所に
網をどんどん切り、どうにか逃がした。
というか、足に緑のネットをからめて
唸りながら猛ダッシュで闇に消えていった。
それでいいのだ。
怒ってる奴はいつだってありがとうなんて
言わないのだ。それが常だ。


それにしてもかなり嫌われているというのに
どきどきこうして会いにくるこいつ。
猫も恋は盲目ってことでしょーか💦

樋貝は以来、ヤツをネットと命名。
これにて一件落着。



猫がかかったネットを直す_DSCN8029.jpg
左端の緑のネットが切取られているのわかりますか
パニックを起こした猫は、ここでどんどん絡まっていきました。

猫がかかったネットを直す_DSCN8031.jpg
ペグを刺して作業開始
グリーンカーテンの修復にかかります。

猫がかかったネットを直す_DSCN8042.jpg
完全修復まであと少し。黄色が目立って逆にいい感じ!!


今年もリンをそんなに与えてないので、果たして実はつくだろうか。
葉が生い茂るころTURN2は発行される予定です。
また合間をみてちょこちょこ 報告しますので、
どうぞお楽しみに です!!

園芸部










posted by 🐼スタッフ📝 at 20:18 | 園芸部 徒然日記 | 更新情報をチェックする
今、一番読まれている人気の記事|The most popular article right now!!
    屋号:studio fish i (スタジオフィッシュアイ)
    代表:樋貝吉郎
    職業:Photographer
    子供の頃の夢&スキな漫画:忍者。カムイ伝
    好きな食べ物:ナッツ全般、リンゴ、干しいも、干し柿、鰻、河童巻き
    尊敬する人:子供のとき伝記を読んだ影響で エジソン




    みなさんこんにちは! こちらのブログはYOSHIRO HIGAIプロダクト スタジオフィッシュアイが発信しています。 担当のパンダです。2009年からやらせていただいています。ブログを書いている最中も、つい雪のうえを転がりたくなるマイペースなわたくし担当のパンダではありますが、今後ともスタジオフィッシュアイ共々よろしくお願い申しあげます