ホワイトboox.png

2015年02月21日

写真展 | “White moment”を終えて


ちょうど1週間前、雑務を兼ねて
FCCJにランチに行ったときのことです。
前の前に作品を展示してた方ですよネ、と樋貝に
声をかけてきたウエイトレスさんがいらした。
写真展のオープニングのとき、
あいさつ文が 今までの中で
とても印象的でした。
と仰ってくださった方だ。
そのあと、樋貝の父のことも
少し話したそうで。

とてもジンときました。

というのは、親子の日の発起人でもある
写真家のブルースオズボーンさんの計らいで
“White moment”を開催することができたのですが
ブルースさんは1984年、こちらの外国人特派員クラブで
はじめての「親子」写真展を開催。これまで
4500組以上の親子を撮影してきました。

オズボーンさんはたしか2003年、母の日、父の日に
続いて、7月第4日曜日を『親子の日』と提唱し、
親子で向き合いコミュニケーションする1日にしようという
ソーシャルアクションをおこしました。
(この日は、“親と子が共に向かい合う日、そしてその日を通じてすべての親子の絆が強められたら
素晴らしい”と 願い、「親子の日」を定着させる為に、現在、様々な企画を世界に向けて発信しています。)



そんな流れもあってこういう挨拶文になったのでしょう。
せっかくなので下にアップしておきます。

終了
写真展 “White moment”
期間 2014年 12月6日〜2015年 1月9日
会場 FCCJ
white moment .jpg

この挨拶文を読んで改めて思いましたが、
親が子供に与える影響ってすごく大きいですね。

これからスノーボーダーもどんどんお父さん、
お母さんとなり、そのうち自然とお子さんも
一緒に滑るようになったりして、、、。
(すでにそういう方もいらっしゃいますね!)

今回の写真展は “White moment”でしたが
いつの時代か  白銀のなかの
親子なんていうのも
面白いかもしれませんね。




機会があったらぜひ覗いてみてください、
すてきですよ!
 
親子の日
http://www.oyako.org/jp/top.html

7月第4日曜日を『親子の日』
今年は2015年 7月26日(日)

スタッフ






posted by 🐼スタッフ📝 at 21:00 | 催し物 イベント | 更新情報をチェックする
今、一番読まれている人気の記事|The most popular article right now!!
    屋号:studio fish i (スタジオフィッシュアイ)
    代表:樋貝吉郎
    職業:Photographer
    子供の頃の夢&スキな漫画:忍者。カムイ伝
    好きな食べ物:ナッツ全般、リンゴ、干しいも、干し柿、鰻、河童巻き
    尊敬する人:子供のとき伝記を読んだ影響で エジソン




    みなさんこんにちは! こちらのブログはYOSHIRO HIGAIプロダクト スタジオフィッシュアイが発信しています。 担当のパンダです。2009年からやらせていただいています。ブログを書いている最中も、つい雪のうえを転がりたくなるマイペースなわたくし担当のパンダではありますが、今後ともスタジオフィッシュアイ共々よろしくお願い申しあげます