ホワイトboox.png

2013年04月25日

Duffle with KAPITAL |「The roots」legendary skateboard brothers|(秋山弘宣・秋山勝利) 樋貝吉郎写真展のお知らせ|2013年4月27日〜5月13日

The20roots.jpg

70年代から日本のスケートボード界を牽引してきたアキ秋山とカツ秋山兄弟。
彼らは日本のスケートボードヒストリーそのものです。
キャピタルで写真展をするにあたり、彼らに撮影をお願いしました。
一番印象的だったのは40年経った今でもスケートボードを楽しんでいることです。
また今回は展示もkapitalらしさを意識してみました。
(kapital-キャピタルとはこだわりのデニムを中心とした洋服屋さんです。
ZINE 魚眼人でもスポンサーをしてくださいました。)
是非いらしてください。

樋貝吉郎



****************************************

秋山弘宣 Hironori Aki Akiyama

1957年1月25日 東京生まれ

1974年サーフィンの練習用に始めたスケートボードですぐさま頭角をあらわし
専属するサーフショップ「ザ・サーフ」のオーナー紀藤氏と翌年渡米。
第一回スケートボード世界選手権に招待され当時最もホットだったフリースタイル種目で5位入賞を果たす。帰国後76年には若者カタログ文化を象徴した雑誌「ポパイ」の創刊に携わり、同誌が月刊化されてからも数年にわたり連載を持つ。以降多くの入門書の執筆、TV番組出演。アメリカの最先端を知り尽くした氏は専門コースの設計スーパーバイザとして国内初のスケートパーク、千葉県太東の「太東スケートセンター」、都内初の渋谷「カリフォルニア・スケートボードパーク」などを手がける。スケートボードの健全な発展と後進の育成のため日本スケートボード協会(AJSA)を設立。80年代に入ってからは「LAクラブ」アドバイザーとなる。
伝説となったスケートボードショップ「マックスモーション」をオープン。
大阪南港に「アスコット」スケートボードパークをオープン。裏原宿にスケートショップ「Arktz」をオープン。
04年には弟、カツ秋山の会社ビーインワークスのスケートブランド「Roots」から
25周年モデルをリリース。DVD「Growing Pain」出演。06年ソニーピクチャーズ配給映画「ロード・オブ・ドッグタウン」で日本語字幕を監修。
大森駅東口 立ち呑み処 次男棒 店主。http://jinanboh.jugem.jp/ 
56歳になる現在も現役でスケートボードをする日本唯一のスケートレジェンド。

主な入賞歴
1975年 第一回スケートボード世界選手権招待選手 フリースタイル5位
1976年 米ABCスポーツ主催マジックマウンテンマスターズ バンクドスラローム決勝進出
1977年 フリーフォーマープロ大会 フリースタイル13位 スラローム海外選手2位
セーバープロ/アマオープン大会 フリースタイル優勝 ジャンプスラローム2位
1978年 カタリナクラシック デュアルスラローム15位
1979年 オアシスイースタークラシック ボウル14位
     デルマーオープン プロボウル11位  



秋山勝利 Katsutoshi Akiyama

1962年3月20日 東京生まれ。

1977年よりスケートボードを始める。日本のサーフ・スケートシーンにおいて先端をリードしていたサーフショップ“THE SURF”に所属。
1977年のジュニアクラスのフリースタイル競技で優勝。78年からジュニアメンクラス、フリースタイル競技3年連続優勝。79年1月28日スピンで日本記録の36と1/4を樹立。(この記録は現在も破られていない。)
スケートボードブームが去り大会が開かれなくなった1980年、兄アキ秋山と熱意のある仲間と共に日本スケートボード協会(AJSA)を「スケーターのスケーターによるスケーターのための協会」をモットーに設立。
スケートボード製造輸入卸会社勤務を経て1990年独立、ビー・イン・ワークスを起ち上げる。
http://www.beinworksdist.com/
入門書等執筆監修多数。
51歳になる現在もフリースタイル競技にエントリーするマスター オブ スケート。


*********************************

樋貝吉郎写真展
「The roots」legendary skateboard brothers


*********************************

期間 2013年4月27日〜5月13日
会場 KAPITAL ダッフル店 
住所 〒150-0022  東京都渋谷区恵比寿南2-24-2
ファニービル 
電話:03-5768-1965
OPEN 11:00/CLOSE 20:00

Duffle with KAPITAL
2-24-2
Ebisu Minami, Shibuya-ku
Tokyo, Japan
150-0022
Tel: 03-5768-1965
http://kapital.jp/shop/duffleebisu


*簡単な道案内を書いておきます*
JR恵比寿駅東口から恵比寿スカイウォークを通りガーデンプレイス方面に出口を右に出て、橋を渡り、山手線を越え恵比寿南一公園前交差点を右折、100メートル最初の信号を左折して30メートル右角の星の文様が付いた不思議な建物。スカイウォーク出口から徒歩3分ほどです。

それでは、会場でお待ちしております!!
                     
スタジオフィッシュアイ
posted by 🐼スタッフ📝 at 08:55 | 催し物 イベント | 更新情報をチェックする
今、一番読まれている人気の記事|The most popular article right now!!
    屋号:studio fish i (スタジオフィッシュアイ)
    代表:樋貝吉郎
    職業:Photographer
    子供の頃の夢&スキな漫画:忍者。カムイ伝
    好きな食べ物:ナッツ全般、リンゴ、干しいも、干し柿、鰻、河童巻き
    尊敬する人:子供のとき伝記を読んだ影響で エジソン




    みなさんこんにちは! こちらのブログはYOSHIRO HIGAIプロダクト スタジオフィッシュアイが発信しています。 担当のパンダです。2009年からやらせていただいています。ブログを書いている最中も、つい雪のうえを転がりたくなるマイペースなわたくし担当のパンダではありますが、今後ともスタジオフィッシュアイ共々よろしくお願い申しあげます