ホワイトboox.png

2012年06月21日

スタジオフィッシュアイが3周年を迎えて思うこと | 文 樋貝吉郎

2009年6月、写真集“cold frame”を皮切りにアート活動を形にするためにプロダクトをたちあげました。スタジオフィッシュアイは今日でちょうど4年生。これまでご協力くださったみなさま、ご縁があったお取り扱い店様、直接うちからご購入くださったみなさまに心からお礼を申し上げます。これからも心に響くプロダクトを出し続けていきます。今度ともどうぞよろしくお願いいたします。(スタッフ)




今日You Tubeにアップしたcold frameビデオのエンドロールを観ていると流れてくるライダー達の名前、協賛してくださったメーカー各社、制作に携わってくれた人々… 多くの人たちの協力で、写真集が出来上がったのだと、改めて感謝の気持ちを思い出しました。
 
ロケ地の“Fukushima”の文字を見ると一瞬胸が締め付けられます。原発から20km圏内のこの場所は、そのときとはまるで別世界になってしまったのです。またいつの日か訪れることが出来るのだろうかと、何とも言えない切ない気持ちになります。



山と街。いままで当たり前のように遊ばせてもらっていた、すべてのフィールドにもあらためて感謝します。この世界で、こころおきなく滑りまくれる時が一日も早く訪れますように…。




樋貝吉郎

スタッフ一同
2012  6.21   夏至
posted by 🐼スタッフ📝 at 21:48 | 過去の催し物 | 更新情報をチェックする
今、一番読まれている人気の記事|The most popular article right now!!
    屋号:studio fish i (スタジオフィッシュアイ)
    代表:樋貝吉郎
    職業:Photographer
    子供の頃の夢&スキな漫画:忍者。カムイ伝
    好きな食べ物:ナッツ全般、リンゴ、干しいも、干し柿、鰻、河童巻き
    尊敬する人:子供のとき伝記を読んだ影響で エジソン

    みなさんこんにちは! こちらのブログはYOSHIRO HIGAIプロダクト スタジオフィッシュアイが発信しています。 担当のパンダです。2009年からやらせていただいています。先日いきなりブログが閉鎖いたしまして、狼狽いたしました。慌ててブログの会社に問い合わせしましたら、親切に教えていただき、あっさり自分のうっかりミスということが判明いたしまして。辛うじてなんとか再度こうしてアップできた次第でございます。(汗だらー)ブログを書いている最中も、つい雪のうえを転がりたくなるマイペースなわたくし担当のパンダではありますが、今後ともスタジオフィッシュアイ共々よろしくお願い申しあげます。アッ それから、TURN vol.5ご購入くださった全国のみなさま。スタジオフィッシュアイ宛にハガキを送ってください。すてきなプレゼントが当たるスペシャル企画やってます詳しくはこちら。締め切りは11月30日となっています。お忘れなく〜!!

    「きょう、樋貝さんは親睦会なるものに、バッグにカメラとTURNをギュウギュウ詰め込んでスケートこいで原宿にいっちゃった。53歳メンズ。まあ猫でいったら270歳ぐらいだけど、檜さんなんて100歳どころか2000、3000歳だっているんだもん。木の年齢でいったら樋貝吉郎さんもまだまだ若手ってこと。だから帰りに大橋さんとこの塩豆大福 頭に乗っけて帰ってきておくれ。あ、鰹節もね!」( by グーフィー猫)最後のとこは猫TEXTなので愛嬌ってことで。