ホワイトboox.png

2010年10月04日

TAKAKU TOMOKI×YOSHIRO HIGAI インタビュー VOL 4 サイトに掲載



4回にわたってのインタビューは今回でラスト!!
スノーボードを通して長く続けてきたからこそ見えてくるものや感じるもの。
日本のフリーライディングを支えてきたもうひとりのTT。
勝ち負けで決まるスポーツ競技とは全く別の世界で真髄を探求し続ける魅力が、
これまでのインタビューでみえてきたような気がします。


104TT4.jpg
みなさまからの感想をお待ちしております!







■お知らせ■
インタビューの中でも話題になったファンクマスターのオリジナルプリントが
このたび限定発売となりました。詳しくはファンクマスター裏話対談からどうぞ。

ED30
posted by 🐼スタッフ📝 at 23:53 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の催し物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
今、一番読まれている人気の記事|The most popular article right now!!
    屋号:studio fish i (スタジオフィッシュアイ)
    代表:樋貝吉郎
    職業:Photographer
    子供の頃の夢&スキな漫画:忍者。カムイ伝
    好きな食べ物:ナッツ全般、リンゴ、干しいも、干し柿、鰻、河童巻き
    尊敬する人:子供のとき伝記を読んだ影響で エジソン

    みなさんこんにちは! こちらのブログはYOSHIRO HIGAIプロダクト スタジオフィッシュアイが発信しています。 担当のパンダです。2009年からやらせていただいています。先日いきなりブログが閉鎖いたしまして、狼狽いたしました。慌ててブログの会社に問い合わせしましたら、親切に教えていただき、あっさり自分のうっかりミスということが判明いたしまして。辛うじてなんとか再度こうしてアップできた次第でございます。(汗だらー)ブログを書いている最中も、つい雪のうえを転がりたくなるマイペースなわたくし担当のパンダではありますが、今後ともスタジオフィッシュアイ共々よろしくお願い申しあげます。アッ それから、TURN vol.5ご購入くださった全国のみなさま。スタジオフィッシュアイ宛にハガキを送ってください。すてきなプレゼントが当たるスペシャル企画やってます詳しくはこちら。締め切りは11月30日となっています。お忘れなく〜!!

    「きょう、樋貝さんは親睦会なるものに、バッグにカメラとTURNをギュウギュウ詰め込んでスケートこいで原宿にいっちゃった。53歳メンズ。まあ猫でいったら270歳ぐらいだけど、檜さんなんて100歳どころか2000、3000歳だっているんだもん。木の年齢でいったら樋貝吉郎さんもまだまだ若手ってこと。だから帰りに大橋さんとこの塩豆大福 頭に乗っけて帰ってきておくれ。あ、鰹節もね!」( by グーフィー猫)最後のとこは猫TEXTなので愛嬌ってことで。