ホワイトboox.png

2010年09月27日

TAKAKU TOMOKI×YOSHIRO HIGAI インタビュー VOL 3

本日アップ!!



今回のテーマは「実は日本の山ってすごくいい」
TOMOKITAKAKU×YOSHIROHIGAIインタビュー

vol.3
http://studiofishi.com/interview-/2010.927.html
TOMOKITAKAKU.3nana.jpg

vol.1
http://studiofishi.com/interview-/2010.910.html
vol.2
http://studiofishi.com/interview-/2010.917.html


tomokitakaku.png




今までのvol.1
http://studiofishi.com/interview/tomokitakaku.2010.html

今までのvol.2
http://studiofishi.com/interview/tomokitakaku.2010.9.17.html

どういう訳か、アップロードしたら見れなくなってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)
きのうの夜中、ザーザー降りの雨の音を聞きながら
ひとりこの珍事件に対応すべく、いろいろやってみたんですが全然だめで、した。
で、苦肉の策でinterview以降のところのアドレスを変更することにしました。
焦りすぎてアップしたあとtomokikakakuの文字を抜いてしまってことに気付き、
せめてinterview-tt/2010.927.htmlにすればよかったな〜、と。反省です。


そんな訳で以前vol1,2をサイトやツイッターで紹介してくださった方、
パウダーカンパニーさんごめんなさい!!
原因不明でアップできず、やむなくvol1.2のアドレスを変更しました。
そんな訳でvol.3のアドレスが今までと違うでしょ。
(って、全部変えることになったんですけど。とほほ)





で〜も〜!
内容は以前と変わらず読み応えがあるはず、です手(チョキ)
今回は写真点数を多めにしました。
月曜の朝から、ぜひ社内でお家でごゆるりとご覧ください。

みなさまの感想もお待ちしてます!!






しかし、なんでアップロードしたら、見れなくなったんだろう。。。
よくあることなんでしょうか。。。
謎だわ〜。

どなたかわかる方いたら教えてください。




posted by 🐼スタッフ📝 at 08:25 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の催し物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
今、一番読まれている人気の記事|The most popular article right now!!
    屋号:studio fish i (スタジオフィッシュアイ)
    代表:樋貝吉郎
    職業:Photographer
    子供の頃の夢&スキな漫画:忍者。カムイ伝
    好きな食べ物:ナッツ全般、リンゴ、干しいも、干し柿、鰻、河童巻き
    尊敬する人:子供のとき伝記を読んだ影響で エジソン

    みなさんこんにちは! こちらのブログはYOSHIRO HIGAIプロダクト スタジオフィッシュアイが発信しています。 担当のパンダです。2009年からやらせていただいています。先日いきなりブログが閉鎖いたしまして、狼狽いたしました。慌ててブログの会社に問い合わせしましたら、親切に教えていただき、あっさり自分のうっかりミスということが判明いたしまして。辛うじてなんとか再度こうしてアップできた次第でございます。(汗だらー)ブログを書いている最中も、つい雪のうえを転がりたくなるマイペースなわたくし担当のパンダではありますが、今後ともスタジオフィッシュアイ共々よろしくお願い申しあげます。アッ それから、TURN vol.5ご購入くださった全国のみなさま。スタジオフィッシュアイ宛にハガキを送ってください。すてきなプレゼントが当たるスペシャル企画やってます詳しくはこちら。締め切りは11月30日となっています。お忘れなく〜!!

    「きょう、樋貝さんは親睦会なるものに、バッグにカメラとTURNをギュウギュウ詰め込んでスケートこいで原宿にいっちゃった。53歳メンズ。まあ猫でいったら270歳ぐらいだけど、檜さんなんて100歳どころか2000、3000歳だっているんだもん。木の年齢でいったら樋貝吉郎さんもまだまだ若手ってこと。だから帰りに大橋さんとこの塩豆大福 頭に乗っけて帰ってきておくれ。あ、鰹節もね!」( by グーフィー猫)最後のとこは猫TEXTなので愛嬌ってことで。