ホワイトboox.png

2019年07月11日

10年前の今日の出来事 | 出来立てのポスター TTAK98(TARO TAMAI Alaska98)にサインする玉井太朗さん

2019_07_11_Taro_Tamai_TTAK98_MISHUKU_77R0228.jpg

ファンのために出来立てのポスターTTAK98(TARO TAMAI Alaska98/玉井太朗 アラスカ ヴァルディーズ1998)にサインする玉井太朗さん。





TAROTAMAI_TTAK98_MISHUKU_2019_07_11__77R0183.jpg

ニセコ、アラスカ、モンゴル、シベリア、利尻山、イタリアと様々な雪山を開拓し、行動を共にしてきた樋貝との雑談に玉井さんもつい笑顔に。




20090712_77r0187.jpg

記念写真は熟成が大事。





スタジオフィッシュアイ 10周年

北海道から東京に戻り、何かを始めよう、自分の作品をプロデュースして販売するための母体を作ろう、と2009年スタジオフィッシュアイを始めました。


一番最初のプロダクトは2009年のポスターシリーズでした。その第一弾の作品がうえでご紹介したポスターTTAK98。アラスカの撮影のなかで最も思い入れがある、真っ白なキャンパスに悠々と弓を描く玉井さん(GENTEMSTICK代表)の美しいターン。今から遡ること22年前。色褪せるどころか、圧倒的な存在感を今も放している。


そして同年の12月。スノーボードライフをテーマとした写真集『cold frame』 を作りました。お付き合いのあるメーカーさん各社にお話をして出版費用を協力していただきました。アートディレクションは写真集作りの大御所、白谷敏夫さん。このときは写真集の基本を勉強させていただきました。印刷はアート印刷に特化している大伸社さんにオーダーしました。


続いて2013年。『魚眼人』というジンを2冊産み落とし、企画から印刷まで本が出来るまでのすべてにトライしました。毎回スペシャルなゲストにインタビューを試み、友人知人に文章を書いてもらい、写真を使わせてもらいました。ナラッチの南極観測隊、舘のUTMF完走記、岡崎友子さんのハワイ、平学さんの福島のお話、などなど。インタビューでは1冊目がジェレミージョーンズ、2冊目がgentem stickオーガナイザーの玉井太朗氏です。


そしてスケートボード!

タイトル『JUDO AIR』。80年代のスケートボード写真集を2015年に作りました。18歳の時、スケートボードが世間的に盛り下がりまくっていたときに、自分的に再燃して、どっぷりとハマり、スケートボードのために生きるようになってしまった頃からひもとき、来日プロが拍車をかけ、ついに21歳で、アメリカのスケートシーンに肌で触れ、勝手に日本を代表した特派員のような気持ちで世界大会でシャッターを切りまくった。その流れから86年から89年頃のスケートボード黄金期を中心に、北海道に行くまでの98年までの自分のスケートボードとの関わり、スケートボードへの熱を一冊にまとめたものです。


2014年から毎年1冊のペースで発行している、スノーボード(スキー)の滑りのターンにフォーカスし、壁にピンナップしてくださいというコンセプトで発売している『It’s your TURN』も去年で5冊を数えています。昨年からは自宅の一室を撮影スタジオにしました。

日々ポートレイト、物撮りのライティングを磨いています。


振り返れば、あっというまの10年でした。自分が出版物を作って販売したことは、それまで触れてこなかったバックグラウンドシーンを知ることが出来ました。それは新たな刺激と制作のモチベーションを生んでくれました。

これからも足腰鍛えて面白いものを作り続けていきたいと思います。


文 樋貝吉郎@yoshirohigai



ホームページ







今後ともスタジオフィッシュアイをよろしくお願いいたします
スタッフ






posted by 🐼スタッフ📝 at 11:38 | ポスターシリーズ | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

「親子写真まつり2019写真展」のお知らせ 2019年 7月6日(土)〜  8月2日(金)

親子写真まつり2019写真展 開催のお知らせ


写真家のブルース・オズボーンさんに声をかけていただき親子写真まつり2019写真展」出展することになりました。せっかくなら撮り下ろしを出そう。撮るならスケーターの親子を撮りたいと思いました。それも滑っているところを。うまいスケーターはいくらでももいるんだれど、親子でダブルスが出来るとなると限られてきます。そこで昔からよく知っていて、年も同じのスラちゃんこと西川 隆に頼んでみることにしました。彼の息子はうまさでは飛び抜けている西川 誠です。スラちゃんはオリンピック監督として日々活動しています。誠はプロスケーター活動をしながらパークビルダー集団MBMに所属しています。僕が撮影場所として希望したのは鵠沼のプールでした。なぜならスラちゃんが設計して息子の誠が所属するMBMが施行したというからです。被写体になることは快諾してもらえましたが、ふたりが一緒に集まれる日が限られているということで、辻堂で毎年開催されているイベント、『ワン・カリフォルニア・デイ』のミニランプで撮影することになりました。海岸の砂の上に設営されたランプは海の目の前にあり、なんともいい雰囲気を醸し出しています。ランプをダブルスで滑りながら、なおかつカメラ目線というのが僕のリクエストでした。スラちゃんも誠も撮影に協力的で、自分たちでやることを提案してくれました。もちろん一回でメイク。せっかくデジタルなのですから、しっかり確認します。


オッと忘れていました。これは非常に大切です。歴史に残るような親子スケートフォトが撮れたのではないかと思っています。出来上がりは是非会場へお越しになってご覧下さい。

写真展の会場は、よくTVでインタビュー報道が流れているおなじみの通称、外国人記者クラブ。日本外国特派員協会です。なかなか行く機会がないと思いますので、この機会に!銀座、丸の内近くにお立寄の際は、25人のフォトグラファーが撮った親子写真、ぜひご高覧ください。


期間 2019年 7月6日(土) 〜  8月2日(金)

会場 日本外国特派員協会 (FCCJ) 東京都千代田区丸の内3-2-3丸の内二重橋ビル5階


『SKATERS』スケートボードがオリンピックの競技になったのは特筆すべき出来事だ。といっても、それをスケートボードのデッキに例えたら競技は車輪ひとつくらいの割合なのである。10代の頃から一緒にスケートボードをしてきた友人に孫が出来て、親子でセッションが出来る。 スケートボードはライフスタイルだ。

62036374_10215296959792266_4588779811081551872_n.jpg

こちらはイメージです。

父 西川 隆 53歳  スケートボード歴 40年 

全日本スケートボード協会理事 オリンピック日本代表監督 二児の父


子 西川 誠 24歳  スケートボード歴 14年 

プロスケートボーダー、スケートパークビルダー 一児の父


以下

親子の日 公式ホームページより 抜粋

http://oyako.org/events-3


期間 2019年 7月6日(土)  〜  8月2日(金)

会場 日本外国特派員協会 (FCCJ)
東京都千代田区丸の内3-2-3丸の内二重橋ビル5階


第1会場となる日本外国特派員協会には、親子の日普及推進委員会の企画に
ご賛同いただいた写真家の「親子」写真を会場に展示します。
25人の写真家が、それぞれ一枚の写真に込めた「親子」のかたち。
「親子の数だけある親子の物語」を感じとっていただけたら幸いです。

 
参加写真家

(日本)糸川燿史/ Everett Brown / 熊谷 正/桑原史成/坂田栄一郎/高橋まゆみ/高橋ミラ/中村征夫/西川隼矢/野町和嘉/ハービー・山口/ HARUKI /樋貝吉郎/広川泰士/広川智基/Bruce Osborn /安田菜津紀/横山泰介/吉竹めぐみ/ + 1more

(海外)Khandkar Anisur Rahman(バングラディッシュ)/Nguyen BaHan(ベトナム)/ZaW Min(ミャンマー)/Mikel Flamm(タイ)/Jigmed Bayarmagnai(モンゴル)


主催:親子の日普及推進委員会/親子写真まつり事務局

共催:毎日新聞社

後援:協同組合写真館協会/公益社団法人日本写真協会/公益社団法人日本写真家協会

協力:オリンパス株式会社/オーティコン

日本外国特派員協会/一般社団法人日本写真文化協会



 ••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••


ブルース・オズボーン

コマーシャル写真家として作品を手がける一方、1982年からライフワークとなる親子写真の撮影 をスタートし、今までに約7500組の親子を撮影。7月の第4日曜日を「親子の日」にと提唱。2014年に登録した記念日協会から「記念日文化功労賞」を授与。「親子」をテーマに、日本外国特派員協会など全国各地の会場で展覧会を開催。2016年、在シンガポール日本国大使館JCCからの招致を受け、海外初の写真展示会と撮影会が実現。同年、写真を通じたソーシャルなアクションの功績が認められ東久邇宮文化褒賞を受賞。「親子の日」の10周年を記念して製作した映画「OYAKO」は、ベルリン国際映画祭(ifab)でベストドキュメンタリー賞を受賞。写真界で世界的な権威を持つ International Photography Awardsでは、親子写真への高い評価を得て受賞を果たした。英語の写真集「OYAKO」の発売をきっかけに海外での写真展が計画。「親子」を通じた日本文化の紹介に注目が集まっている。 (J-WAVEより )

http://www.bruceosborn.com







posted by 🐼スタッフ📝 at 00:41 | 催し物 イベント | 更新情報をチェックする
今、一番読まれている人気の記事|The most popular article right now!!
    屋号:studio fish i (スタジオフィッシュアイ)
    代表:樋貝吉郎
    職業:Photographer
    子供の頃の夢&スキな漫画:忍者。カムイ伝
    好きな食べ物:ナッツ全般、リンゴ、干しいも、干し柿、鰻、河童巻き
    尊敬する人:子供のとき伝記を読んだ影響で エジソン




    みなさんこんにちは! こちらのブログはYOSHIRO HIGAIプロダクト スタジオフィッシュアイが発信しています。 担当のパンダです。2009年からやらせていただいています。ブログを書いている最中も、つい雪のうえを転がりたくなるマイペースなわたくし担当のパンダではありますが、今後ともスタジオフィッシュアイ共々よろしくお願い申しあげます